陣内ウィメンズクリニック

Home > エステ> 陣内ウィメンズクリニック

不妊治療・体外受精のご相談は自由が丘【陣内ウィメンズクリニック】当婦人科で妊活をフルサポート |


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都自由が丘の不妊治療専門「陣内ウィメンズクリニック」では、体外受精・顕微授精を中心とした妊娠希望専門クリニックです。赤ちゃんを望まれるご夫婦の想いを一日でも早く叶えられるように、薬を使い過ぎない、体に負担を掛けない優しい高度生殖医療を提供してまいります。

動物によって子孫繁栄の方法は異なります。人間は男女の性交によって受精卵ができ、体内で子供を育てて出産をします。人間は比較的未熟な状態で出産をしますが、草食動物などは出産後にすぐに自立できるぐらいまで成長しています。人間とは異なる環境で生きて行かなければならないからでしょう。魚類や両生類では体内での受精ではなく、体外で行う方法になります。メスが卵を産み、それにオスが精子をかけてそれが受精卵になります。大量の卵が受精卵になって一度に多くの子供が誕生します。しかし大人になるのはその中の一部です。これも自然環境の違いと言えるでしょう。人間が普通に子供を作ろうとするときは、男女間の性交によって行います。しかしなかなか子供ができないときは不妊治療を行う医療機関に相談をして検査を行います。受精卵ができるには女性側、男性側でトラブルがないことが前提になります。検査によって受精がしにくい状態であるなら、人工授精と呼ばれる不妊治療が採られるかもしれません。通常は性交で受精卵と精子を結びつけますが、人工授精では人工的に受精させる方法になります。まず女性側の排卵日を予測します。そして排卵する日に男性の精子を人工定期に女性の体内に送り込みます。これによって受精卵ができるのを期待します。女性の体の状態によっては、精子に含まれる物質に反応して異常が発生するときがあるようです。不妊治療においては、男性から採取した精子を洗浄する段階があります。これを踏むことで、女性に異常が出にくくなります。又、男性から精子を採取するときに、運動良好な精子の選別を行います。これも受精卵になる可能性を高める方法になります。女性側で排卵が起こりにくい状態の時は、排卵誘導法と組み合わせて行われます。複数の方法を行うことで、より妊娠の可能性が高まります。1回行えば必ず妊娠に至るわけではなく、多くは数回以上行います。それでも効果がないなら別の方法を探さなくてはいけません。
『関連情報:不妊治療
PAGE TOP ↑