サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス

Home > サービス業> サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス

サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式 「Koheiサンドアートオフィス」 - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス


絵画の関連情報

絵画(かいが)は、物体の形象を平面に描き出したもの。 日本語では類語の絵が幅広く用いられ、絵画という語は、特に芸術作品としての絵を指す場合がある。ただし、絵と絵画を区別して用いるとは限らない。また画を後ろにつけて描写の技法や対象を示す用語もある(水墨画、静物画など)。 フランス語の peinture(パンチュール)、英語の painting(ペインティング)、日本語の雅言的表現で絵と呼ぶこともある。 文字などを「書く」ことより早く、絵画を「描く」行動は幼少期から見られる行動である。発達心理学などの分野では、14歳から18歳程度で完成期と呼ばれる時期を迎え、多くの人はその頃から、ほとんど描かなくなる。子どもの絵に関する社会科学的研究は豊富だが、大人の絵に関する同様の研究は少ない。その一方で、多くの人が描かなくなる年齢を過ぎても活動的に絵を描く人々が居る。歴史的に代表的なのは画家であると言えるが、現代ではより多くの業種に見出される傾向である。なお、人間の発達には個人差があり、柔軟な姿勢が必要である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

披露宴・結婚式・各種イベントでお楽しみ頂けるサンドアートパフォーマンスのご依頼はこちらへどうぞ。ガラスの上をバックライトで照らし、砂の絵を次々と変化させてストーリーを展開していきます。様々なテーマのサンドアート演目からお選び頂く事が可能。

今、素人でも簡単に素材をネット経由で購入して、自分だけのグラスサンドアートを作ると言うことが注目されているそうです。これは、サンドアートの種類の一つで、瓶の中に色砂を敷き詰めて、その地層の模様で絵を描くと言うものになるそうです。砂の素材感や肌触りを重視した芸術活動全体のことを、サンドアートと呼ぶそうです。世界各国にアーティストがいらっしゃるようですが、日本にも、盆石と呼ばれる、黒いお盆の上に白い砂で自然の風景を描いて、石を岩や山に見立てて配置する伝統のスタイルが存在しています。ふと感じることは、砂と言う自然のものを触ると言うことは、今の子供たちには、かけがえのない経験になるのではないでしょうか。屋外よりも屋内で過ごすことが多く、どのようなものでも買える時代です。だからこそ、自然と触れ合うことの大切さを学ぶ良い経験になると感じます。そして今現在は、未来を担うIT関連の、例えばネット経由の動画配信と、このサンドアートが融合することで、また新しいアートが産まれているとのことです。これもこれからを担う子供たちに取って、とても生産性のあることですし、大切なことを経験・体験出来ることではないでしょうか。前述したグラスサンドアートは、クリスマスシーズンの飾りものとして作ることが人気のようです。子供たちに取りこの飾りものも、1から作り始めることで、物と言うものは既に出来上がっているものではなくて、1から作って行って、初めて出来上がるものと言うことが、頭だけではなく、体で感じることが出来ることに大きな意味があると思います。不恰好でも、上手く配置が出来なくても、その人にしか作れない作品になるわけで、そんな意味ではこれからを担う人たちの、一つの教育にもなるのではないでしょうか。ただ与えるのではなく、1から作り上げ、達成感を与えて、尚且つ、自然と触れ合うことも出来ると言う、サンドアートと言うものに、大いに期待が高まります。
『関連情報:サンドアート
PAGE TOP ↑